【怒り】の感情とは?

こんばんは。

自由人・カウンセラーのまゆです。

人間関係、お仕事などでお悩みの方、
どうぞご相談下さい

本日のテーマ

【怒り】の感情

皆さんは怒りの感情だしたことありますか?

「私しょっちゅう怒ってるし~」

「すぐ怒鳴ってしまうんだよね」

と普段から怒りの感情は出してるよっという方

多いと思いますが..

それ….

偽物ですから~

”本物の”怒りの感情は

自分を守るために発動します。

例えば人から

・バカにされた言動

・軽く扱われた言動

・蔑んで見られた言動

・下に見られた言動

など、そういう時に

”自分が自分を守ってあげる”のです。

あなたの大切な自尊心を守るために、

”やめて下さい・私は私を低く見たあなたに怒っています”

と相手に伝える事です。

自尊心=プライド

=プライドが高い=高慢ちき(失礼)

みたいなイメージがつき、あまりよく思われていませんが、

(実際は”プライドが高い”は又別の絡みがあります)

自尊心は自分を尊ぶこころ。

大切なあなたの心を

唯一の味方のあなたが

守ってあげることです。

でも..そんなん言ったって..

「会社の上司に口答えなんてできないでしょう!」

「親は頑固で怖いし、怒らせたら(又は)いじけさせたら

めんどくさいから言えないわよ!」

「私たち世代は夫がいばるのは当たり前の時代

どこもこんなもんじゃないの?」

そうやって、たっくさん我慢にがまんを

重ねてきたのではないですか?

そして、とっさには言い返せずに後から

「ああ言えばよかった。こう言ってやりたかった」

「また言えなかった自分が悔しい!」

「なんでこんなに弱いんだろ..」

と後悔と悔しさで何日も、下手したら何年も前の事も

思い出しては涙する時もあったのではないですか?

”怒り”は”怒りの対象者”にきちんとぶつけないと

終われないのです。

だからといって、本人に直接むかって言わなくてもよいです。

だってそんなことしたら「怖い」ですよね?

ますます火に油を注ぐようなもので、

倍返しになって返ってきそうかもしれないですものね。

大丈夫。直接ぶつけなくとも処理する方法はあります。

心理カウンセリングではその方法を、感じる手法を

手助けいたしますので遠慮なくお申し出下さい。

(昨日の小浜セッションでもう少し時間があれば

ここまでしたかったのですが..。またの機会に☆)

そして自尊心が育って来たら、

直接”その場”で”その相手”に

きちんと言えるあなたになることが可能になります。

喧嘩ごしでもなく、おどおど卑屈にもならずに

きちんとしっかりと自分の言葉で、

伝えられるようになったらどんな気分ですか?


「できた!!」と晴れ晴れとした顔のあたなが

想像できます。

とてもスッキリして嬉しそうo(^▽^)o

そんなあなたに出会いたいから。

カウンセリングのご予約お待ちしてますね(‘-^*)/

無料ステップメール☆愛し愛され♡幸せ体質になる【7つのステップ】




7日間無料メールマガジン
【愛し愛され幸せ体質になる7つのステップ】

ご登録までわずか30秒♪ クリックGO!
※携帯アドレス及びガラケーでのご登録は不可となります。
PCアドレスでのご登録をお願いします。(PC、スマホ配信可能)
↓  ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする