人は見たいように世界をみている

こんにちは。

ほぼ一か月間引きこもっている自由人・カウンセラーのまゆです。

毎日マジメにお仕事してきましたが、そろそろ出ようかな。夏ですしな~チュー

{3A0CB17E-C0AA-4242-A458-40A2F55A92B3}


【人は見たいように世界をみている】

クライアントさんに説明するときに、人は

「自分のフィルターを通してみている」

「自分の映写機を通してスクリーンに映し出している世界」

という表現をよく使ってます。

どういうことかといいますと、

自分の思考が現実世界を作っている。

実は人って案外ですね、

事実を事実のままみていない

方が多いということです。

よく”色”をつけてみるや”色メガネ”でみるとかも言われますが、

目からとびこんできた情報を、脳内で変換して事実を歪めて処理しがちです。

目は膨大な情報をキャッチし脳へ送り、脳内はこれまた膨大な情報をストックしています。

脳は一瞬のうちに必要な情報だけを抜き取り、
これまで経験してきたことと照らし合わせ思考・感情へと反射的に移します。

この時に判断する材料として、これまで身に着けてきた

常識・信念・観念

に基づいてジャッジします。

この時に、事実を見たまま聞いたまま処理せず
自分のフィルター(常識・信念・観念)で処理してしまう。

これを”認知の歪み”と言います。

何パターンかあるのですが、その中の一つをご紹介しますと、

すべき思考

というものがあります。

例えば自分ならしない行動を取る人を見たときに

「普通はこうよね~」

「常識的にこうすべきよね!」

というセリフ言ったり聞いたりしたことありませんか?

その「普通」「常識」その人の中では「正しい」
のでしょうが、

10人いたら10人違うかもしれないのにみんなそう思っている”
思い込んでいる状態です。

そこが理解できず(しておらず)、他者との適切な境界線を引けない人は

相手の敷地に堂々と踏み入りがちです。

そうですね。またまた例えばですが、

すごく人に施しをするのが好きな人がいるとしましょう。
よくいるお世話ずきな人ですね。

相手から頼まれてもいないのに、あれこれお世話したい。
喜ぶ顔をみるのが嬉しい。

相手の人も喜んでる内はまだいい。

でもだんだん恩着せがましくなってくる。

そうなると相手の人も、

「こちらから頼んだわけでもないだけど..。
ありがたく受け取っていたけどそんなこと言われるのならもう結構」

となります。

すると「あんなに喜んでたのに!裏切られた気分(利用だけされた)」

”○○すべき”が加わるとありがちなストーリーです。

ここで何かひっかかりませんか?

相手の人は自分から何も頼んでいません。
(空気感でそうしてよね?と、かもしだしてたら別ですが)

お世話好きな人は自らすすんでしてただけのはずなのに、
裏切られた”や”利用された”に変換してしまってます。

なぜか?

それはお世話好きの人の中に相手は

「(毎回ちゃんと)喜ぶのが普通では?」

「普通はもっと感謝する(べき)よね~」

「同じようにお返し(もしくはそれ以上)するのが常識でしょ?」

と期待があるからではないでしょうか。

そしてその”思考”は

10人が10人に”正しい”考えでしょうか?

押しつけになってないでしょうか?

そう”すべき”と相手の感情を無視し、コントロールになってませんか?

期待がいけないのではないですよ。

・親が子供の喜ぶ顔がみたいから希望する所へ連れてってあげる

・恋人の喜ぶ顔が見たいからプレゼントをする

普段大抵の人はやってる行為です。

ただそれは”その人のため”というよりも、
喜ぶ顔をみることによって”自分が満たされたいから”です。

「喜ぶだろうなぁ」と期待しながらワクワクしプレゼントを選ぶ。

何も悪いことではありません。

しかし”度”を超えるとトラブルに発展しかねません

ただただ”自分がしたいからしただけ”ならば愚痴も不満もでません。

しかしそこに”過剰な期待”と”過剰に私を満たしてほしい”が絡むと
どうでしょうか?

あんなにしてやったのに。”のに”がでると愚痴がでる


by 相田 みつお

どうしても”してあげたい”という欲求がでるならば、
相手に何も期待せず、「ただ自分がしたいだけなんだ」と意識する。

そうでなければ求められない内はやめる。

お互いの適切な距離感はお互いを守るためにも必要です。

お世話好きの人を例にとってみましたが、これらは

思考(考え方)ぐせ」によるものです。

人間、元々生まれ持った”性格・本質”は変わらないものです。
変えなくていいとも思います。

ただトラブルのもとになる、「思考ぐせ」は変えられます。

事実を事実のまま受け入れ、相手と自分の問題を分ける(境界線をひく)

最初の【人は見たいように世界をみている】に戻ります。

{122FCB89-DFE4-42EC-81B7-73FF3806BEDF}

「人は裏切る、信用できない。心を許したら危ない」

というフィルターの人がみる世界は「そういう人ばかり」がみえる世界です。

その世界に飲み込まれないよう、必死で本当の自分を隠し

周りが期待する”ウソ”の自分を作り上げます。それが安全だと思っているから。

でも無意識の自分は知っています。ウソで作り上げた世界。

本当の自分をだしたら危険。

だからどこまでいっても安心できない。いつもいいしれない不安や孤独感。

「人は親切で優しくて、この世は安心・安全なとても素晴らしい世界だ」

の人のフィルターを通してみる世界は「そう見えてる」のです。

顕在意識でなく、潜在意識から感じてる人はですよ。

これが表面だけで自分はそう思っていると”信じ込んでしまっている”
人は残念ながらこのフィルターでは見れていません。

「みんないい人」という言葉をよく使う人は「人嫌い(怖い)」の可能性が高いのです。

この世の中はいい(波動が軽い)人もいれば、悪い(波動が重い)人もいる。

自分を”利用”しようとしている人なのか、

 

自分と”(人として)同等”の関係を築きたい人なのか。

その見極めが出来る人は「自分を大切にしてる」人です。

人に嫌われたくないがため人に迎合し、自分をないがしろにすることは
ないでしょう。

「自分を大切にできる人」は「人も大切にできる人」です。

そしてそういう人の周りにはやはり「自分も人も大切にする人」が
集まる。だからこの世は安心・安全にみえる。

自分の思考(マインド)と潜在意識(心)が一致している人は、

事実を事実としてみたまま受け入れ、それが現象化する。

認知の歪みから一致してない人は、色メガネのフィルターを
通すことにより事実どおりみえてない。

それが現象化することにより、自分が望んだ世界でないと
不満な世界に身を置く。

不満な環境、不満な人間関係。

それが今現在の状況ならば、何かしら認知の歪みが働いているはずです。

思考が先、現実があと」です。

自分の望み通りの世界に住みたければ、

まずはどういう認知の歪み(思い込み)をもっているのか

それを認識するのが最優先でしょう。

難しかったですか?(笑)

秘密のお茶会でお話ししてもいい内容でもありますが、

取り急ぎメッセージがきたのでお伝えしときます。

【自分を信じ、人を信じる(信じる人、モノを見極める)】

【自身の感覚、選択を信じる】

秘密のお茶会はこういった心理学も取り入れていきます。

わからないことはお茶会で質問してくださいね~照れ

次回の福岡は8/6土曜日
ご予約、お問い合わせはこちらから

小倉は7/31日曜日
ご予約、お問い合わせはこちらから

長崎は8/21日曜日
ご予約、お問い合わせはこちらから

秘密のお茶会、グループセッション以外の
お申込み・お問合せはコチラ


ご予約、お問合せはこちらよりお願いします。
予約フォーム送信後こちらから
2営業日以内にお返事いたします。もしも2営業日を過ぎても
こちらからの返送メールが
届かない場合はお手数ですが
メールからのご連絡をお願い致します。
mush.room.enjoy@
gmail.com

<br< div=””>

お待ちしてま〜す音譜

無料ステップメール☆愛し愛され♡幸せ体質になる【7つのステップ】




7日間無料メールマガジン
【愛し愛され幸せ体質になる7つのステップ】

ご登録までわずか30秒♪ クリックGO!
※携帯アドレス及びガラケーでのご登録は不可となります。
PCアドレスでのご登録をお願いします。(PC、スマホ配信可能)
↓  ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする