【感謝は死ぬときにできたらいい】の追加説明☆

おはようございます。

自由人・カウンセラーのまゆです。

書き始めたのは朝だったのに、いつの間にか”こんにちは”の時間帯だったニヤリ

今日も暑いですね~。山の日ですってね。

いつの間にできたのかしらん?知らんかった〜。

ええーっと、前記事の
【本物の感謝は死ぬ時にできたらいい】

について
もう少し説明しますね。

対面で話すのと、文字から受け取るのでは行き違いが出ちゃいがち。

それぞれのフィルター・価値観でみるからどうしてもね。

それはそれで、ええちゃいますのん☆って話ですが、

これはこういう想いで書いたんだよ」って伝えたいものに

ついては追記していこうと思います。

人間死ぬときに、一筋の涙を流すそうなんです。

意識がない状態でも”ツー”って。

臨死体験した方によると、死ぬ間際に

これまでの人生がドラマのように思い出が

次から次へと映し出されるよう。

俗にいう「走馬灯のように」なんでしょう。

その時に、嬉しかったこと、悲しかったこと、

悔しかったこと、恨んだこと、喜んだこと、

どの出来事も、自分の人生を彩ってくれた
かけがえのないもので、

それを経験させてくれた人たちに
 
「ありがとう」と涙がでるそうです。

この時の感謝こそ何よりも「本物の感謝」だと思うんです。

生きている間にできれば越したことはありません。

でもね。親(特に母親)から虐待され、

虐げられ、存在を否定され、裏切られ、

生きる術を見いだせずに生きてきた人が

いたとして、

「感謝が大事。どんな親でも感謝しなさい」

と言われ、はたして心からできるのだろうか?

本心にフタしたらできるかもしれません。

でも本心からではないので、ふとした時に
苦しみが顔をだす。

本人としては「許して感謝」したのだから、
それは終わったはずだから違う。

なぜ、何が苦しいのか分からず、
それがまた苦しい。

虐待まではなくとも、何かしら親との確執で、

無理やり”感謝”して終わらせた

人も実際多いんじゃないかな?

”終わった”はずなのに、理由がわからない
苦しさが時々やってくる人は

”フタ”をしてる可能性があります。

自分に”ウソ”をついてると、心が

「気づいて!きづいて!」と訴えて

苦しくなる。

それならばいっそのこと、”許さなくてもいい”んじゃないのかな?

それが”いま”の本心だとしたら。

”親側の問題(課題・テーマ)”により
傷つけてきた行為は親の問題。

受けた子どもは何も悪くない。


あなたは何も悪くない。

でも子供は親が好きだから、
どんな親でも愛してるから、

自分が悪かった」んだと受容してしまう。

親もまたその親から傷つけられてきた。

親も苦しんできた。子どもはそこも理解して許そうと努力する。

でもね。「傷つけた行為」は許さなくてもいいんじゃない?

だって、してはいけないことだと思うのは私だけ?

あなたはどう思う??

ただね、「死ぬまでずっと恨み続ける」のは、それはそれでまたどうかな?と感じます。

なぜならその行為は、「自分の波動を低くする」から。

重い波動を出し続けることにより、重い波動領域にずっと身を置くことになる。

不満・不安・愚痴・足の引っ張り合いの世界とかね。

”恨み”は抑圧された感情を出す(解放)することにより、

自分自身が認め、癒してあげることにより消化し、

楽に軽くなることが可能です。


怒りや悲しみ。本物の感情を感じてあげる。自分自身が。

親に直接ぶつけなくてもいい。方法が分からない人は
カウンセリングの予約入れてください。アシストします。

—————

ここまででも十分癒されるのですが、この先があります。

前記事でも記載したとおり、モノゴトは凸凹の関係。

「あなたの問題(課題・テーマ)」があるから

出会うのです。人間(ソウルメイト)って。

”親”も例外ではありません。

生れて(転生)来る前に、”自ら”選んで
その両親の元へやってきます。

親(母親)の許可も必要です。

お互いの課題に合致し、お見合い成立♪と
無事ありなりあなたはこの世へ生まれてきました。

親はひどいことをしてきたかもしれません。

でも”もしかしたら”、あなたの問題(課題・テーマ)
により、認知の歪みで、事実とはことなるフィルターにより


中にはそうでないモノゴトも傷つけられたと受け取ったものも
あるかもしれません。

あなたの両親との関係性からみえるあなたの問題(課題・テーマ)
はなんでしょうね?

それを前世ではクリアできなかった。

今度こそ!クリアしたい!とあなたの魂は意気揚々と
転生してきたはずなのです。

「テーマ」をみつけるためには、「死ぬ」ほどの恐怖・痛みを
見ないといけないかもしれない。

だから人は恐れ、見たくない。近づきたくない。知りたくない。

それを思い出させる者に恐怖を怒りを覚える。

・・いっぱいぶつけられてきたなぁ(ノДT)
もうこれからは知らんがな。


「テーマ」をみつけ、「未完の仕事」を完了し、

解放できた時こそ「本物の感謝」が生まれるんでなかろうか。

しかしこの一連の流れ・仕事は一人でやるにはかなり高度。

自分のこととなると見たくないから眼が曇る。

だから分かりやすく、手っ取り早く「感謝が大事」
流行ったんじゃないかな~って気がします。

あっ、お分りかとは存じますが、ここでいう「感謝」は

誰かに何か助けてもらったときの「ありがとう」などの

感謝とはまた別のものですからね。ご理解ください。

————————–

これまでこのブログやSNSで発信してきたことは、


「あなた」へのメッセージとともに

「私」へ向けた言葉でもあります。


よく「自分のことを言われてるのかと思った」と

お言葉をもらいますが、

誰かしらのどこかしらには引っかかるものだと思います(笑)

だって、みんな繋がってるから。

完璧な人間などありゃしないのさ~。

迷惑かけてかけられて生きてるのさ~。

それでいいじゃない。

人間だもの。

※このフレーズ気に入っててよく使いますが、
元は相田 みつおさんのです。

無料ステップメール☆愛し愛され♡幸せ体質になる【7つのステップ】




7日間無料メールマガジン
【愛し愛され幸せ体質になる7つのステップ】

ご登録までわずか30秒♪ クリックGO!
↓  ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする