個と調和

先ほどに引き続き自由人・カウンセラーのまゆです。

最近の傾向として、間が空いた後は3連発みたいな☆

ムラムラ投稿ガールですがヨロピク☆☆てへぺろうさぎ

:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜

波紋・渦・波長・波動

結局最終的には”愛”なんだろうなぁ。

“ワンネス”

“悟り”

”目覚め”

でも理想論やファンタジーだけでは到達できない。

どれだけ自分の中の”エゴ”と

向き合い、対決、癒しができるか。

向き合う前は怖いし、最中は痛みを伴うけど、

気づけば手放すか受け入れるか選択もできる。

エゴは悪者にされがちだし、気づくまでは悪さもするけど、

自分を守るためにできた鎧なようなもの。敵ではないよ。

ガチガチに固めた鎧を脱いでごらん。

軽くなった身体と心と頭で、世界をみてごらん。

これまでと違う世界がみえてくるかもよ?

感謝はむりやりすると、本物の気持ちにフタしてよけい苦しくなるよ。

心が納得したら勝手にできます。焦らなくても大丈夫。

自然に湧いてくるもの。心はちゃんと知っている。

:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜

個々の調和

全体の調和

個人個人、それぞれの自己の調和が全体の調和となる。

“しらべ”をもって和とする。

波長、平穏、静けさ。

自己との繋がり。

自分を見ずに、

“人のため”ばかりだと、

どれだけ時間がたとうと、

自己調和・自己平穏は訪れません。

何かに依存しないと安心できない。

本当の自分で生きていけない。

個々が調和すれば、周りも勝手に調和していく。

まずは自分。

汝己を知れ。

どれだけ”自分”を知っていますか?

自分が自分を知ることが”愛”ですよ。

“愛”の反対は”無視”です。

“存在”を無視されると人間は生きていけません。

いったい誰に一番わかってもらいたいのでしょう?

いったい誰に一番理解してもらいたいのでしょう?

お父さんでしょうか?

お母さんでしょうか?

夫?妻?

彼女?彼氏?

それとも兄弟でしょうか?

親友?友人達?

知り合い?職場の人?

全くの赤の他人?

この答えが解けないとグルグルと堂々巡りですよ。

答えを知っていても実行・許可できないと結局繰り返すかもしれませんね?

あなたは自分を愛せてますか?

【お申し込み方法】


ご予約、お問合せはこちらよりお願いします。
予約フォーム送信後こちらから
2営業日以内にお返事いたします。
もしも2営業日を過ぎても
こちらからの返送メールが
届かない場合はお手数ですが
メールからのご連絡をお願い致します。
mush.room.enjoy@
gmail.com


電話相談のボイスマルシェでしたら、
初回の方に限り月5名まで無料で25分受けられます。

https://www.voicemarche.jp/advisers/569?utm_campaign=blgp&utm_medium=569&utm_source=spweb

無料ステップメール☆愛し愛され♡幸せ体質になる【7つのステップ】





7日間無料メールマガジン
【愛し愛され幸せ体質になる7つのステップ】

ご登録までわずか30秒♪ クリックGO!
↓  ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    って、刺さる質問ですね。
    私は、本当は自分で自分を肯定したいけれど、肯定することを怖がっているのではないのかと分析しています。

  2. まゆ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >六角明雄@「売れる仕組みづくり」を伝えるコンサルタントさん
    六角さんはこれまでのやり取りをみてきても、ご自分とよく対峙されてこられたんだろうなぁという印象がありますよ。
    だからこそ、そこから逃げ腰の方を見ると「なんで?どうして?」という気持ちが出てくるのかもしれませんね。
    自分を見つめてきたからこその反応だと思います。(違ってたらすみません)
    この問いの答えをすでに分かってある。
    自分が自分の「その時の」気持ちを理解してあげる。認めてあげる。
    自分自身を肯定できない部分があるとしても、「その時」の例えば悔しい想いや悲しい気持ちなど「自分」が受け入れてあげる。
    「あー、辛かったね~、悲しかったね~」と。理由も何も要りません。
    それでも繰り返す、罪悪感が出るなど症状が続くようでしたらプロの手を借りる。これが遠回りのようでやっぱり近道だろねと思います。