【ホルモンから見る男女の愛】~No.1 女性の身体~

男女の対処法

まずは女性のみなさん。男性は生理がないので体の症状を全く理解できないことを改めて理解しましょう。そして優しく教えてあげて下さい。

なんなら「教えて差し上げてもよろしくってよ」ヽ( ´ー)ノ フッ。くらいな気持ちで(笑)

女性も好きでそんな状態になっていないわけで。

子孫を残すための体作りが強制的に行われているわけで。

愛しい彼女や奥さんがその時期に差しかかったときには、

「俺の子を宿すために不快な役を引き受けてくれてありがとう」アリ*:・(*-ω人)・:*ガト

くらいの器の大きさが欲しいものです(笑)

こんな男性はモテルこと間違いなしっすよ(ノ≧▽≦)ノ~~~~『゜きゃ~ステキ!!♡♡.』

手前味噌ですが経験談をおひとつ☆

自慢でもなんでもありませんが、参考になれば幸いです。ということでシェアします。

私も独身の頃は、生理前は一般的な感じで「なんかイライラする~」くらいだっと思います。記憶にあまりないからそんな程度。

しかし産後ですかね~。イライラの仕方がひどくなったのは。

普段だったらなんて事はないことでも、キィィィ!! o(*≧д≦)o))キィィィ!!ってなってました。

夫とはケンカになるゎ、子どもに罪悪感はでるゎ、感情のコントロールができずこの時期は精神的に参ってましたね~。

診断を受けてないので何とも言えませんが、今思えばPMDDに片足突っ込んでたかもしれません。

ある日PMSの事を知り「あっ、これかも!生理前からイライラしだすし。終わりごろから落ち着くし間違いないや」と気づきホッとしました。原因が分かると一先ず安心しますよね。

そして夫にその事を話しこの時期はほっといてくれとお願いしました。あわせて夫・子供に「あなた達のせいではない」ことをその都度話し、理解してもらってからは大分楽になった覚えがあります。

とはいえ、身体的精神的にきついのは変わりなく日々過ごしてきました。

それからどうなったの?

今現在というと、生理前体しんどさは感じるけれど、いつの間にかあの頃のような激しい不快感はなくなってましたね。

自分でも気づいたのが数年前。「あれ?そういえば生理前なのにそんなにイライラしてない」みたいな。

自分なりに分析してみると「自己肯定感が高まった」のではないかと推測されます。

PMSは「女性性に否定感」を持つ人がなることが多いとも言われています。

自分の性であるものに否定感がある。これは自分自身の存在の否定でもあり、生きづらさを抱えてしまうものでもあります。

人間は本能的に種の保存・繁栄へ向かうもの。

お相手を選ぶ時から無意識の内にDNAレベルで選んでいるもの。

とても自然なことだし、誰からも否定されるものではないもの。

それが、育ってきた環境の影響もあるだろうし、もしかしたら太古の昔から引き継がれたものがあるかもしれませんね。その辺りも今後の記事で扱っていきます。

まとめ

女性の体と心について、少しは理解できたでしょうか?

男女の愛しかたについても書くつもりでしたがそこまで辿りつけず。男女の違いや関係って深いものですね(笑)

次回は「男女の愛しかた、営みにおけるホルモンの関係性」について触れていきたいと思います。

お楽しみに~(pq´ゝ∀・)゚+。:.゚ワクワク゚.:。+゚

一ポチしてね♡

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「この子はまた・・!しゃーない。ポチにしとくかぁ」
てなことでポチしてね♡

最後にもいっちょ♪ポチっとな。

「押したげてぇーー!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

無料ステップメール☆愛し愛され♡幸せ体質になる【7つのステップ】





7日間無料メールマガジン
【愛し愛され幸せ体質になる7つのステップ】

ご登録までわずか30秒♪ クリックGO!
↓  ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする