「泣くことを許されなかった」男という生き物①

「泣くことを許されなかった」男という生き物

最初の「こうあるべき」に話を戻します。

男は強くあるべき

だから泣いちゃいけない、弱音を吐いてはいけない、愚痴を言ってはいけない、

頼ってはいけない、甘えてはいけない、カッコよくいなければいけない・・・。

「女じゃないんだからメソメソするな!」「女々しい」「お前は女か?」

男は強くあることを強要されてきました。幼い頃から。

男の子だって子どもだから泣きます。悲しいこと、悔しいこと、辛いことがあれば涙もでます。人間だもの。自然です。

でも親から、祖父母から、関わる大人から、「強くあれ」。そうやって教え込まれてきました。(そうでない人ももちろんいるけれど、一般的な話で進めます)

泣くことはいけないこと。弱いのはいけないこと。男とは強くあるべきもの。

そうやって学んでいきます。世間の常識を刷り込まれていきます。

しかし「男は強くあるべき」は真実でしょうか?何を持って「強い」と判断しているのでしょうか?

強いの定義は何でしょうか?

私は自分の弱さを認められる人=強い人だと解釈します。

そう教えてもらったし、心理を学べば学ぶほど実感しています。

男性は弱さを中々人にみせません。我慢強い人ほどその傾向があります。家族にも、妻や彼女にさえ隠し一人で抱え込む人が多い。

結果どうなるか。

我慢してがまんして爆発します。妻や彼女ばかり弱さを出してずるい!俺ばかり我慢している!

先に話しましたよね?『自分の中で拒否感が強ければ強いほど、他人に同じものを見出した時に、憤りを感じているかもしれない』と。

自分の中になければ反応しないと。

我慢している人は我慢していない人を許せません。「あいつがおかしい。常識外れだ!」と批判したくなり「俺が分からせてやらなければ」と正しい攻撃をしかねません。

また、矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、我慢をしていないように見えるその人も、実は「我慢をしている人」かもしれませんよ。

お互いが同じ傷を持ち、同じ痛みを抱えています。

本当は分かり合える部分なんです。よけいなプライドが邪魔しなければ。
よけいとは言いましたが、本人にとったら「よけいなものではない」のですよね。

小さなあなたを守るためにできた鎧だから。

でもね、もう、好きな人の前では脱いでみたらどうだろう?

ちっぽけな自分、弱い自分をみせたら嫌われそう?

妻や彼女はそれっぽっちの器なの?

あなたが自分で選んだ女性を信じられない?

長くなったので次回は「女性側からみた男性」をお送りします!

************************************************

一ポチしてね♡

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「この子はまた・・!しゃーない。ポチにしとくかぁ」
てなことでポチしてね♡

最後にもいっちょ♪ポチっとな。

「押したげてぇーー!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

無料ステップメール☆愛し愛され♡幸せ体質になる【7つのステップ】




7日間無料メールマガジン
【愛し愛され幸せ体質になる7つのステップ】

ご登録までわずか30秒♪ クリックGO!
※携帯アドレス及びガラケーでのご登録は不可となります。
PCアドレスでのご登録をお願いします。(PC、スマホ配信可能)
↓  ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする