感情という「カギ」の活用方法⑨親子で同じ観念(最終話)

脚本をひっくり返すとは?

もしくはもしくは脚本の「俺(息子は僕)は大切にされない存在」がひっくり返れば終わるでしょうね。

※どこかの回でこう書き記しましたのでこの説明を。

人は人生脚本という課題を抱えこの世に生まれます。この課題は自分が乗り越えられるものしか持ってきていません。

今回の例に上がっている「私は大切にされない存在」

裏を返せば「私は大切にされる存在」というのを知っているわけですよ。んでそれを思い出す作業をしている。

ドラマ(脚本)の中で、前半は「大切にされない」証拠集めをせっせとします。後半は次々に襲ってくる問題をクリアし、「大切にされる存在だったんだ!」と思い出す。

そして感動のフィナーレへ。

どんな感想を持ちますか?なんじゃそりゃ( ̄▽ ̄)ですかね?

感動のフィナーレのために、いじわるなライバル役やなかなか達成できないように回り道など、くどく設定されたシナリオ。

演じるのはあなただから、演じながらよりドラマティックに仕上げるために仕掛けもたくさん用意したりして。

んであまりにもリアルに設定しすぎて、自分で仕組んだのも忘れ最終ゴールを忘れたり信じられなかったり。自分の罠に無限ループ・・。なんてね。

このドラマを終わらせるも続けるもあなた次第。だって脚本家はあなたであり、監督・主演もあなた。誰も手出しはできません。

繰り返しますが、どんなに困難に思えても自分で達成できるものしか持ってきてませんよ。

感情はあなたの中にある傷を教えてくれる「カギ」となるもの

いよいよ終わりがみえてきました!

あなたの中でジャッジしている「いい」も「悪い」も感情が動く時。それはあなたの中にあるものを教えてくれています。

いや~な感情を感じる時。
過去の何かしらの出来事によりできた傷。前世から抱えてきた傷。何度も繰り返し感じてきた傷。

いい感情を感じる時。
誰か憧れの人にその姿をみたとき。将来のあなたの姿。

どれも”あなたの中にある”から反応します。
「感情」はあなたの中に眠るものを教えてくれる「カギ」なのです。

逃げずに向き合ってみてはいかがですか?せっかくあなたの身体が教えてくれているのですから。

向き合い方が分からない方。カウンセリングをご予約下さい。一緒に見つけていきましょう(^_-)-☆

お問合せ・ご予約は上記のメニューバー(お問合せはこちら/ご予約はこちら)より
お進みください。

後日談:

「集中している時に邪魔をするのは悪い」は私も持っている観念でした。

家事をする時は、「何時までにこれをして次はあれをして」とその日の家事計画を頭の中で設定し、それにそって”効率よく・計画的に”進めるのが私流でした。

(結構細かい時間配分だったり、部屋移動さえも行きはあれして帰りはこれしてみたいなww)

が、子どもができると計画通りすすまん。( ̄ー ̄)

イライラポイント毎日絶賛発券中☆

「何で泣くの!」「なんで邪魔するの?」。当り前のことだけど、受け入れられずにキィーってなってましたね。

徐々に諦めていく。降参・サレンダー。そして今の適当星人にいたる(*’▽’)あはっ

適当すぎて子どもがしっかりしていくといういいのか悪いのか(笑)
ん、よかろう。人生そんなもん。笑ったもん勝ち。

結局、夫婦で同じ観念をもち、子どもも引き継ぎ、それぞれの場面で発動させているという。・・気づけよ(゚д゚)!という事例でした☆

おしまい。(オワターーヾ(≧▽≦)ノ)

あなたのポチが力になるの♡ポチりお願いします!~
たくさんの方に届けたい言葉や想いがあります。悩んでいる方、明るい未来を歩きたい方
さまざまな人に生きる勇気や希望が持てるブログでありたい。応援よろしくお願いします
 
 
【応援の仕方】
①ブログバナー(画像)をクリック
②「ブログ村」・「ブログランキング」画面の右下の「現在の順位」をクリック
③順位の中の当ブログをクリック

ご協力に感謝します♡

「あぁ。何ということだ・・。カテゴリー引っ越ししておひとりさまだなんて(ポチしたら意味わかるよー。(´▽`*)」

寂しいからポチッと押してちょ♡

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最後にもいっちょ♪ポチっとな。
おかげさまで7位!


シングルマザー ブログランキングへ

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-+   「魂と心をつなぐ心理カウンセリング」メルマガ登録

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする