【新型コロナウイルス】オンライン・心の相談

【福岡・北九州・小倉女性専門】カウンセリング・マッシュルーム
心理カウンセラー 碧海 真由子(あおみ まゆこ)です。

【新型コロナウイルス】オンライン・心の相談サービス

とうとう全国にも緊急事態宣言が発令されましたね。

先が見えない不安な日々に押しつぶされそうになっていませんか?

まだ日本はロックダウン(都市封鎖)にはなっていませんが、世界では大変な状況にあり日本も対岸の火事ではいられないですね。

お亡くなりになられた方々やご家族の皆様に心からのお悔やみ申し上げます。

コロナウイルスの名前を聞いたのは、1月だったか2月だったか。

ほんの数か月前だったのに、世界は一遍してしまいました。あっという間でしたね。

ニュースでは毎日、感染数・死去数が流れ、当たり前だった日常が遠い日に思えます。

いつになれば終わりが来るのか、仕事は経済はどうなっていくのか、先が見えない不安におびえていませんか?

一年後でも終息しているかといえばそれも曖昧で、いつまで続くのかコロナ疲れというワードを耳にするようになりました。

仮に一旦収まったとしてもインフルエンザのように、ある時期になればまた猛威を振るうかもしれません。

テレビからは連日「コロナに負けるな!」「コロナとの闘い」のような言葉が飛び交っています。

そんな中、ふと思い出したことがあるんです。

それは『娘のアトピー』

アトピーに負けるな!?

元夫のアトピーで結婚後、夫婦間だけの問題じゃなく色々絡んで喧嘩が絶えなかった頃。

妊娠が分かり、子供のアトピーだけは避けたくて食事や諸々気を付けたかいがあったのか、娘はツルツルの肌で生まれてきました。ホッとしました。

安心しきっていたけれど、娘が一歳になるころアトピーが発症。

ショックでした。夫のイライラに加えこの子も?

だけど発症したものは仕方がない。

薬を塗ったりケアしたりするけれど、小っちゃいこの子には「掻いちゃダメ」が分かるわけもなく泣いたり機嫌が悪いわるい。

夜中も痒くてしょっちゅう泣いて起きるから、さすってあげてました。

まだ子供は一人だったから何とかなってたけど、二人目妊娠でめちゃくちゃ不安になりました。

夜中に掻いてあげるのと、授乳で益々眠れなくなる。

予感的中でどちらかの世話を焼き、ほぼほぼ眠れませんでした。

夫に助けを求めても相手にさえされませんでした。

とうとう眠れなくなりました。恐らく病院へ行けば睡眠障害と診断がでたと思います。

6~7年間。まともに眠れなかった。

いや~。辛かったですね。夫は他人事だし一人で戦っていた日々でした。

毎日夕方には片頭痛に悩まされ起き上がれず、トイレまで這っていき嘔吐することもありました。

夫との喧嘩も絶えず、夫婦関係を諦め離婚を本気で考えてましたね。

アトピーもきっかけの一つで、それだけではなかったけれど夫婦で争ってました。

ずーっとずっと戦ってました。アトピーに負けない。絶対治してやるんだって。

でも何年も何年もかかり、先の見えない終わりのない戦いに疲れ切り絶望も経験した。

先の見えないトンネルの暗闇の中に、孤独にさまよっている感覚。先が見えないって本当につらいもんですよね。

娘のアトピーも相変わらずでしたが、ある時ふっと思ったんですね。

この子のアトピーは、一生つき合っていくしかないよね~。って。

あきらめたんです。いい意味で。戦いから降りました。

元々アレルギーは持って生まれてきたんだし、もうしょうがないよね~。って。

何かふと思ったんですよね。

あきらめるとは”明らかに認める”と解釈しています。

そしたらね。

不思議なことがおこったんです。

娘のアトピーがサーっと引いたんです。きれいに。

関節は残ってたけど、背中なんかきれいに引いたんです。

ここに書いたように、ある日目覚めると朝でした。

眠れない夜を過ごすあなたへ

娘が夜中に掻いてと言わずに朝まで眠っていたんです。パッと目覚めて何が起こっているのか理解するまでしばらかかりました。

あんなに感動した朝はなかった。

あの頃は良くなった原因が全く分からず、引っ越しして水が変わったから?とか色々考えたけど、よくよく考えてみれば、アトピーを受け入れたことも大きかったのかもしれないです。

病気や症状は心を訴えている!?

心と体は綿密につながっています。

アトピーも自分の一部。あるもの。

本来なら攻撃する相手ではない自分自身を攻撃してしまっている状態。

果たしてアトピーは悪者なの?

自分(娘)の一部。

否定されたら悲しいよね。悔しいよね。

「もういい!」っと、ぷい!と怒っちゃうかもしれない。

「なんで分かってくれないの!?」って、攻撃してくるかもしれない。

それが自分の中で起こっていることかもしんない。

何それ??って感じですかね?

そうですね。意味わかんないかもですね。そんな事もあるのかしら?くらいにとっておいて下さい。

何が言いたいのかといいますとね、ウイルスも同じような気がしたんですよね。

あの時と。

アトピーは元々自分の中にあるも、ウイルスは外からという違いはあるし、「受け入れなきゃ!」ってわざわざかかりにいこうとするのは変ですけど(世界にはそんな動画投稿してる人もいるらしい)。

ただ、毎日のように感染者が増えていくリアル、これだけの感染数であれば予防に気を付けていてもいつかは感染するかもしれない。

終息がみえない。先が見えない辛さはとても分かります。不安な気持ちも。

しかしずっと戦い続けるには、限界が来る時があるのではないかと思うのです。

「共存」というワードも出てきていますね。

ウイルスの歴史になぞらえれば、いずれはそうなっていくようです。自然の摂理かもしれません。

とはいえ、現段階では高齢者や小さい子を抱えたお母さんなんかは毎日が不安かもしれませんね。

小っちゃい子はマスク嫌いだろうし、ずっと家の中だけではお互いのストレスも溜まる一方でしょう。

キャリアカウンセラーとしても仕事させて頂いてる身として、現場ではこれからの危機感いえ、すでに始まっている現状を目の当たりにしています。

家族を持たれている、お子さんがいるご家庭の不安は察するに余りあります。

話し相手がほしい。

愚痴を聞いて欲しい。

解雇された。

この先仕事があるのだろうか?

夫婦喧嘩が増えた。

子供を怒る頻度が増えて疲れた。

何でも構いません。話をお聞きします。

ただし冷やかしはご遠慮願いますし、適切ではないと判断した場合は切り上げさせていただく事もありますのでご了承下さい。

初回 45分間 3,500円

ご予約はこちらから(予約フォームへとびます)

2回目以降はオンラインカウンセリングをご利用下さい

オンラインカウンセリング申込みはこちら

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-+   「魂と心をつなぐ心理カウンセリング」メルマガ登録